苦手克服をあきらめないで

英語が大嫌いで、苦手ということで入会してくれた生徒がいます。

英語が苦手な子は、必ずと言っていいほどに、単語が書けない、さらに一般動詞とbe動詞を混同してしまっています。
その子もそのような状態でした。

まずは単語を正確に覚えることから始めました。練習方法から細かく指示し、少しずつ覚えていきました。慣れてくると覚えるのに費やす時間が短くなっていきました。最初は覚えることが大変でしかたがなかったようでしたが、いつのまにか苦ではなくなったようです。単語習得が簡単になってしまえば、文法を整理させることは難しくはありませんでした。どんどん英語の成績が向上しました。

今では、英語が一番好きな教科だそうです。そして将来は英語を使った職に就きたいと話しています。そんな言葉を聞くことができてうれしい限りです。

苦手な教科の克服は容易ではありません。努力なしでは不可能です。
あきらめずに努力することで苦手を克服しよう。どのようにしていけばいいのかを一緒に考えよう。ぜひ、相談してください。