練習も本番と同様に

中間試験の答案が返却され始めています。

 

生徒たちには持ってきてもらい、どういった問題を解くことができなかったのか、どうしてできなかったのかを確認しています。

 

すると、答えを記入する欄がずれていたり、記号で答える問題を言葉で書いていたり、国語でもないのに漢字ミスで減点されていたり、少し注意すれば正解できた単純な計算ミスであったり・・・

そういった間違いが多く見られます。しっかりと解き直しをしていれば解けていたはずの問題です。

 

答案を見た本人は、そのときは悔しがっています。しかし、また同じような間違いを繰り返してしまう人が多いように思います。

 

ちょっとしたミスを日頃から軽く受け止めている人は、試験本番でも凡ミスをしがちです。

練習でしていることを、本番でしてしまうのは自然なことです。

逆に練習でできていないことが、本番でできるはずがありません。

 

「テストでもうこんなミスをしたくない」と強く思っているならば、日々の学習でもミスをしないように注意するようにしよう。