またこれかぁ・・・

春期講習開催中

新中学1年生~新中学3年生までは毎日授業を行っています。
新年度へ向けて予習が進んでいます。

春期講習中、基礎力養成テストとして英語、数学のテストをしています。
授業が始まる前に、毎日同じような文法問題・計算問題などをやっています。

当然ですが生徒からは「またこれ~?」
という声が上がってきます。

実は、それこそが、力がついてきた証拠なのです。

学校の定期試験や、高校入試のときに
「あれ?これどうやるんだっけなぁ・・・あ、そうそう思い出した」

などとやっているうちはダメなのです。

「またコレか、コレなら楽勝だ」コレが理想です。

そういう問題を増やしていくことです。

「勉強のやり方がわからない」という子のほとんどが、分かっている(と思っている)問題が終わると、
「何をしていいかわからない」と言います。

分かっている問題をやるんです。

オリンピックの選手だって、
滑り方が分からないフィギュアスケートの選手はいません。
飛び方が分からないジャンプの選手はいません。

いかに基本を繰り返して、洗練することができるか。
速く。正確に。頭で考えなくてもいいくらいに。勝手に体が動くように。

そして、それこそが最も難しい境地なのだと思います。

学校の先生や、塾の先生がとりわけ頭がいいわけではありません。

どんなに難しい問題を見ても、先生の頭に最初に浮かぶことはひとつです。
「あぁ、またこの問題か」です。

難しい問題は難しいクイズと一緒です。
一度解いたら、難問ではなくなる。

いかに反復してできるようにするか。そして、コレが難しい。
カンタンにできるなら全員オリンピック選手になれます(笑)

新年度生募集中です。
無料体験受付中ですのでお気軽にお問い合わせください。