「できる」喜びが大切

新学期ということもあり、多くの生徒の入会が続いています。その中には、今まで勉強をほとんどしてこなかったために、成績がかなり悪い子もいます。本人とお母さんの話を聞いてみると、学校の先生からは褒められたことはなく、注意されてばかりのようでした。

初めて授業をしてみると、小学生段階からつまずいているのが現状でした。それでも、しっかりと説明してあげることで、理解し自分で解けるようになっていきました。本人も気分が良くなったのか、どんどん問題を解き進めていました。授業終了後には、「久しぶりにこんなに勉強したー」と満足そうな顔で帰っていきました。

翌日、学校で同じ内容を学習したようで、すらすら解けたそうです。家では「昨日勉強したことを学校でやったからすごくできた。楽しかった」と話していたそうです。そのようなことは初めてだったようで、お母さんも驚いていました。

勉強が分かってうれしい、そのような体験をしたことがない子は決してできるようになりません。まずはできる喜びを感じさせてあげることが必要です。それを経験することで、勉強しようという気持ちが芽生えてくるのです。

引き続き、新学期生募集中です。