結果を変えるためには

期末試験結果がほぼ出そろいました。

前回の試験に比べ、120点アップし、学年トップ10入りをすることができて喜んでいた生徒がいました。

その子は以前までの勉強方法が、簡単に言ってしまえば「雑」でした。字をいい加減に書く癖があるので、漢字や単語を間違って覚えてしまっていたり、○付けをする際にも間違っているにもかかわらず丸にしていたりしました。

それを改めるように指示していきました。すると、間違えた問題については、自分でしっかりと解説を書き加えたり、注意事項を書き込んだりするようになりました。勉強時間も、今までよりもずっと増えました。

それにより今回の結果につながりました。本人も手応えを感じたそうです。それでも今回の結果に満足せず、もっと注意すれば取れた問題もあったようで、さらに上を目指しています。次は学年トップ5入りを目標にするそうです。

 

自分の勉強方法のダメなところを変えることで、結果が変わります。

そんな勉強方法を変えたいと思っている子を、全力でサポート、応援します。