合格体験記

高校入試を終えた生徒に合格体験記を書いてもらいました。そのうちの一人の作文をご紹介します。

 

私は5年生からアモスに通っていました。最初の頃は、がむしゃらに勉強していたというわけでなく、雰囲気が良く、おもしろかったので通っていました。小学6年間の基礎内容はしっかりと理解できたように思います。

7年生になると、中間試験が始まり、なんと最初のテストで学年1位を取ることができました。しかし、そのせいか調子に乗ってしまい、その後はなかなか1位とまではいきませんでした。早くから志望校が決まっている生徒の本気度には、到底かなわなかったように今では思います。それでも、授業がない日もほぼ毎日通って、勉強していました。

9年生になって志望校を決めなくてはならない状況でした。本当に行きたいと思う学校は、独自入試を行う難関校でした。しかし自信がなかったので、なかなか決断しきれませんでした。すると、家族や先生が「まず目指そう。難問に取り組むもう。懸命に勉強してそれで決めよう」と話してくれたので、私は志望校を決めて、さらに勉強するようになりました。偏差値も上がり、合格圏そして安全圏までたどり着きました。そのため、願書もその学校に提出しました。

結果、推薦入試で合格しました。一般試験を受けることがありませんでしたが、もし受験勉強を本気でしていなかったら、他の高校を受験していたと思います。だから決して無駄ではないと確信しています。これからも、入学してからのことを考え、勉強を続けていきます。

5年間、ありがとうございました。