中間試験総括

中間試験の結果がほぼ出そろいました。今回の試験では、伸びた教科とそうでなかった教科が顕著に出たように思います。

今回、特に点数が上がった教科は理科と数学でした。数学は、計算問題がいつもより多かったことが点数アップにつながったと考えられました。理科は、試験前に配られたプリントからの出題が多く、そのプリントを勉強した生徒が、しっかりと解くことができたようでした。

逆に、点数を上げることが難しかった教科は国語でした。今年度から先生が変わり、出題傾向が変わったこと、また問題数がかなり少ないために、一問の配点が高いことが原因のようでした。次回以降、しっかりと分析して臨む必要があります。

 

もうすぐ期末試験です。6月は期末強化月間です。土日も教室を利用してください。