中学受験の併願

首都圏の中学受験は大多数の東京の受験を除くと1月早々から千葉埼玉を中心に受験が始まっています。

 

中学受験をする人は1月前半から中盤にかけて何校か受験することをお勧めしています。その際に心がけることは、あまり自分のレベルからかけ離れて難易度の高い学校は選択しないことです。2月に本命の受験があるとすれば、出題傾向や難易度の近い学校で合格をとれることが望ましいと思います。

 

これは、私立受験に限らず、都立中高一貫校を受ける人たちにもいえることです。適性検査を行う学校が千葉、埼玉受験校にもあります。早めの日程で併願校として受験をしておくことをお勧めします。ぴったりのレベルの受験ができるとは限りませんが、東京の私立では日程的に間に合いません。この併願の経験が想像以上のプラスになるでしょう。

 

中学受験の人数は増加傾向であり、当然すべての受験生が合格を手にすることができるとは限りません。そして、合格しなくても公立の中学校に行けます。受験する学校に行くかいかないかはともかくとして、中学受験の勉強は無駄だった・・・とならないようにしっかりと受験校を提案していきたいと考えています。大手に見られるような、合格者水増しの営利目的の定番併願校受験ではなく、しっかりとその子に合った併願校の提案ができるのはアモスのような学習塾だと思います。

 

それはさておき、受験の準備をしている小・中・高生の検討を祈ります。

体調管理は万全に!